外部サイト へ移動します。

この先のサイトでは当サイトのプライバシーポリシー、ご利用規則は適用されません。リンク先のプライバシーポリシー等をご確認ください。

アムジェンは、環境の持続可能性と社会的責任への取り組み状況について、ウェブサイトへの情報掲載、製薬業界の会議やワークショップへの参加、外部団体への情報提供、年次報告書の作成など、様々な形で報告しています。

グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)、 CDP、米国サステナビリティ会計基準審議会(SASB)、国連グローバル・コンパクト、持続可能な開発目標(SDGs)など、広範囲にわたる国際基準とガイドラインを考慮しています。

以下は報告と指標の一部です。

2018年Responsibility Highlights Report

社会的責任と環境持続可能性の分野の重要事項とデータを公表する報告書を作成しました。

国連グローバル・コンパクトのコミュニケーション・オン・プログレス

アムジェンは国連グローバル・コンパクトの署名企業であり、実施状況を毎年報告するコミュニケーション・オン・プログレス(COP)を提出しています。

ステークホルダー・エンゲージメント

私たちは、ステークホルダーの視点を理解することを。最新のステークホルダー評価で明らかになった最優先課題をご覧ください。

環境パフォーマンスデータ

アムジェン全体のエネルギー消費と二酸化炭素排出、水消費、廃棄物、営業車両の燃料効率に関するプログラムを取り上げています。環境パフォーマンスデータと内容を保証する独立機関の証明書を一覧にまとめています。

CDP

アムジェンは毎年のCDP(旧:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)投資家要請の一環として、気候変動と水に関する情報を公開しています。

寄付と助成金

アムジェンとアムジェン財団による寄付と助成金の情報を公開しています。

財務報告

証券取引所委員会が求める財務報告。

欧州製薬業団体連合会の情報開示

アムジェンは、欧州製薬業団体連合会(EFPIA)の行動規範に定められた情報開示要件を遵守しています。